EROTIQUE ANTIQUE
なんぼ あつうても こんなよい事を せつにハ いられぬ アゝ モウ イク モツト
アレ 又 イク アゝゝ ソレ又 アゝゝ 
とんだ あつさだ 志かし 一ばん志たら すこし 涼しく なるだろう
なんだ めつほう あセを かくぜ
古れさ ときわ 此紀よもりか じつに ほれた阿まり にくうわ あるまいか
だんゝのあなたの おことば 嬉しうござります はやう おいきあそばセ 
アゝ モウ ツウト あ・・気に なつた
どこへ
きこへ
ようが
これがどう
また連る
ものか
なにしに
こけへ
くるもんだ
きまつて
いや

あれ
さ
マア
お
ま
ち
よ
下タへ
きこへ
るよ
日時所地により交合を禁ずる事清書に見へたれども用ゆるに足
らずされども只台風の時腹たちたる時遠路あるきたる時女産後七
十五日の間女の月水ある時右はつゝ志んで交合すべからずさて好色家
の
又廣玉といふなり
是ハ俗に
いふ
ひろつび
なり

開の穴ことの外廣きゆへに
世のつねの行ひやうにて大仏
のはなへのミのはいりたるが
ごとくにてなんの味わひもなし両足をなる
たけおしつけ五尺手ぬぐひにて志かとくゝりて行なふ
時は廣玉せばまつてつよし

此づをよくゝ見合せ
おこなふべし